1. ホーム >
  2. 製品案内 >
  3. GRP引抜材による耐荷重構造物

GRP引抜材による耐荷重構造物

FRP(Fiber Reinforced Polymer, 繊維強化プラスティック)は強化繊維と樹脂の複合材です。強靭性、軽量性、耐腐食性、耐衝撃性、電気絶縁性などに優れた特性を持ち、近年その用途が大きくひろがっています。当社のFRP引抜材は母材に強度性能、耐熱性、耐腐食性に優れたイソ系不飽和ポリエステル樹脂を、強化材にガラス繊維を用いています。FRPのうち強化材にガラス繊維を用いたものがGFRP(またはGRP)です。ガラス繊維が引張り力と圧縮荷重を受け持ち、母材のポリエステル樹脂がせん断力の伝達を担って強い構造体を構成しています。鋼、コンクリート、アルミや木材など従来の構造部材に比べ、GRP引抜材は耐腐食性と軽量性に優れています。重機の進入が困難な山の中や、河川沼沢地あるいは海岸沿いでの構造物の建設にはその利点が大いに発揮できます。架設工事、基礎工事、現場搬入にかかわる経費やメンテナンス費用が削減できることも大きな利点です。構造物が紫外線や風雨にさらされてもGRP自体が侵されることはありませんし、物性値が劣化することもありません。またGRPは安定した物質で分解して環境に有害物質を溶出することはありません。

Pultrusionと呼ばれる成形法で製造される形材は一般に引抜材と呼ばれています。まずガラス繊維が成形型に応じて大まかにセットされ、樹脂槽をくぐり樹脂を十分含んだ後、成形型に引き込まれます。ガラス繊維間に含まれた樹脂は加熱機能をもつ成形型を潜り抜けて行く過程で硬化し、連続的に引抜材が引き出されます。
橋梁やボードウォークなどに用いる構造用GRP引抜材は、引抜き方向の強度のみならず、横断方向の強度もバランスよく取れていることが重要です。当社のGRP引抜材は所定の設計強度を持つようにロービング、クロス、マットなどのガラス繊維が正しく配置されています。また表層近くにはポリエステル樹脂製のサーフェースヴェールが入っていますので、ガラス繊維が表層に現れる心配はありません。引抜き工法によるGRPの成形は同じ断面形状の部材を正確に繰り返し製作するのに適し、製品にばらつきが少なく、同一性能の部材が得られる点で非常に優れています。

当社では2007年以来、公園内のボードウォーク(木造、桟道、デッキ、桟橋など)、人道用橋梁、パーゴラなどの主構造材として、またそれら構造物の床板、高欄あるいはルーバーなどにGRP引抜材を使用し、既に100を超えるプロジェクトで施工実績を積んでおります。