1. ホーム >
  2. 製品案内 >
  3. GRP引抜材による耐荷重構造物 >
  4. 設計基準
  人道橋 ボードウォーク
基本型 遊歩型 簡易型
床版 5.0KN/m2 3.0KN/m2 3.0KN/m2 3.5KN/m2
主桁及び主構造 3.5KN/m2 2.0KN/m2 2.0KN/m2 3.2KN/m2
高欄水平力 2.5KN/m 1.5KN/m 0.4KN/m 1.5KN/m
たわみの許容値 L/400 L/300 L/250 L/300且つ 20mm以下
風荷重 4.5KN/m2(風上3.0KN/m2 風下1.5KN/m2  
地震 K0=0.2  
雪荷重 架設地点の実情に応じる  
建築基準法、道路橋示方書・同解説、立体横断施設技術基準・同解説、小規模吊橋指針・同解説、FRP橋梁-技術とその展望(社)土木学会、FRP構造設計便覧(社)強化プラスチック協会などに規定されている諸基準を参考に当社では、ボードウォークや、橋梁等の標準構造の緒元を定めて標準設計を行っています。また、大規模な橋梁を含めFRP構造物の事例を多く有する外国の設計マニュアル、
例えば、
  • Eurocomp Design Code and Handbook
  • European Standard(EN)
  • CUR Recommendation 96
なども参考に、安全で長期間の使用に耐える構造物の設計を行っています。
FRP引抜材を使った構造物の設計上の安全率に関して、現在世界各国で明確に統一された規定はなく、各国、業界団体、メーカーなどが独自に目安を作成しているのが現状です。
当社では諸外国等の事例を参考に安全率3.2を設計上採用しています。

写真